「最上のわざ」を私にも・・

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

今日はタブーを承知で信仰のことを・

先日、奥さんから教えてもらった詩があります。

 

すでに有名な詩なのかもしれませんが、

初めて知った私には、とても強烈でした。

まさにこれから自分が向かおうとする境地なのです。

【最上のわざ】

この世の最上のわざは何?

楽しい心で年をとり、

働きたいけれども休み、

しゃべりたいけれども黙り、

失望しそうなときに希望し、

従順に、平静に、

おのれの十字架をになう。

 

若者が元気いっぱいで

神の道を歩むのを見ても、ねたまず、

人のために働くよりも、

謙虚に人の世話になり、

弱って、もはや人のために

役だたずとも、

親切で柔和であること。

 

老いの重荷は神の賜物、古びた心に、

これで最後のみがきをかける。

まことのふるさとへ行くために。

 

おのれをこの世につなぐ鎖を

少しずつ外ずしていくのは、

真にえらい仕事。

こうして何もできなくなれば、

それを謙虚に承諾するのだ。

神は最後にいちばん

よい仕事を残してくださる。

それは祈りだ。手は何もできない。

けれども最後まで合掌できる。

 

愛するすべての人のうえに、

神の恵みを求めるために。

すべてをなし終えたら、

臨終の床に神の声をきくだろう。

 

「来よ、わが友よ、

われなんじを見捨てじ」と。

 

聖書

 

 

 

 

元上智大学学長のヘルマン・ホイヴェルス神父の随想選書「人生の秋に」に

書かれているというこの詩。

クリスチャンにとっては最高の人生の終わり方だと思います。

私がこのような最期を迎えられるかどうかは別問題ですが、

臨終の床に神の声を聞けたら幸せですね。

 

3年前に亡くなった樹木希林さんが映画「ツナグ」のエンディングで

朗読されていたそうです。

残念ですが、途中までの朗読だったのでしょうか・

YouTubeに樹木希林さんの音声がありました。

 

 

神は最後に残してくださる仕事は祈り。

私のような未熟で不良クリスチャンは

自分の事しか祈りません。

世界平和やいまなら新型コロナの早期終息を祈ったりと

諸教会では様々な祈りが捧げられていると思います。

 

私は教会にも行けず、自分たちの事しか祈れません。

でも、神の存在を信じ、イエス様を通して祈るのですから、

それだけでも十分に主に導かれていると信じています。

 

 

 

 

好きなドラマは主題歌も気になる

 

60歳代ブログに参加しています。応援してください。》

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 日記・雑談(60歳代)ランキング

 

春から始まったドラマもそろそろ最終回を迎えるころになってきました。

いい歳してドラマか・と思わないでください。

それなりに私にも基準がありまして、

原作が漫画であっても

あまりにもコメディっぽいのや、漫画チックなのはものはNG。

 

コメディっぽくでも、しっかりと締める場面があること。

悲しいのはちょっと苦手で、

感動させたり、涙が出そうになるようなドラマがいいですね。

 

最近、見ているドラマでも深夜に放送されている、

吉田羊さん主演の「生きるとか死ぬとか父親とか」を

毎週楽しみになっています。

 

ラジオパーソナリティー・コラムニストと

多彩な顔を持つ主人公と破天荒な父親とのことなどを

題材にしているほろ苦い家族の物語です。

 

そのドラマに合わせたようなオープニングソングの歌詞に、

ドキッともしますし、恐ろしい気持ちにもなります。

 

高橋優さんの「ever since」で、

父親を傷つけたこと、時が経ったときの思いが綴られています。

 

♬ 強い言葉を選んでちゃんと傷つくように罵って部屋を出た・

  言葉が足りなくて平行線を辿る・

    放っておいてほしくて、優しい手 振り払った・  ♬

 

ドラマのようなMVがありました。

原作者ジェーン・スーや高橋優さんの実父が登場します。

ちょっと長いかもしれませんが感動します。

 

 

とても私にはできないことです。

言葉で父親を傷つかせるなんて、考えただけでも恐ろしい・

そんな私でも父の期待、信頼を裏切ってばかりいました。

でもこの歌、最後にはこう歌っています。

 

♬ 僕の何もかもがあなたを写している ♬

 

 

 

 

そのすぐ後に放送される江口のりこさん主演の「ソロ活女子のススメ」も

気に入っています。

深夜の番組ですから、そんなに気合が入っている様子もなく、

でも、何となく引き込まれていくのです。

現代社会を映し出した内容も新鮮ですが、

なんといっても悪人が出てこない、

ソロ活女子だけでなく、男子にも希望を与えるものと私は思って見ています。

 

工場夜景

 

一人で動物園へ行ったり、

おひとり様フルコースを挑戦したり、

工場夜景クルーズに参加したり・

 

大都会で暮らしていく苦しさも楽しさも、

一人だからと尻込みしないで、何にでも挑戦して見聞を広げるのです。

私も大昔に暮らしていた大東京・

このように楽しく、そして真剣に暮らしていけたら、

今頃は東京の人になっていたかもしれません。

 

いずれもテレビ東京の番組です。

いいですね、独自の路線をいくテレ東・

気に入っています。